豪華な顔ぶれ続々と‥南アフリカからようこそ(2)

〝〟暑中お見舞い申し上げます〝〟

次から次へと難儀なことが続きます。長い長い梅雨が明ければ早くも極暑の予報・・・
体調管理がますます大変な令和2年の8月、皆様どうぞお体に気を付けてお過ごしください。

思えば昨年8月には熊谷ラグビー場で行われた【】熊谷合唱団【】の皆さんと【】Scrum Unison【】のお二人による
【南アフリカの国歌の練習会】にでかけたり、まもなく始まるW杯への待ちきれない思いにあふれていたものでした・・・

IMG_5111 (2).JPG
 
https://www.youtube.com/watch?v=n5aUURhCCMI (2019年11月2日の決勝戦の国歌斉唱♪)

今年はといえば、この数か月、病院通いや家の片づけを続ける中、写真の整理や昔のブログを見直したりしていたらいろいろ思い出し(いいことばかりではなかったですが・・)
ブログのアップも時間がかかってしまいました。

気が付けばスーパーラグビーが終了するかもというニュースも。。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61655240X10C20A7UU8000/


スーパーラグビーをTVで見始めたのは、、2004年のスーパー12のころからでしたが、

よく見るようになったのは2006年から。

熱くなったり青くなったり、いろいろ勉強させてもらいました(もっとまじめに学んでおけば、と言っても後の祭り)

そこに日本のチームがサンニューなんて考えもしませんでしたが、

月日の経つのは早いものです、そのサンウルブズもすでに思い出のチームになってしまいました 

https://rugby-rp.com/2020/07/14/pr/52548

新たに欧州6か国対抗戦+2チームに参加?!というニュースも
https://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK20020_Y0A720C2000000/

リーグ戦が行われているNZや豪州を羨望のまなざしを向けながら、

日本内外のラグビーの再開や欧州での新たな取り組みを楽しみに待ちます。

ブログではもうしばらくは南アフリカの選手達の来日のことを!


【】2010年度、 ピーター・グラント選手=Peter Grant(SO)が神戸製鋼コベルコスティーラーズに加入


132750215362313124972 (2).jpg



ですが、その前に、

2005年(~2005年)にはセコム・ラガッツに
ピア・エイス選手=Pia Uys(LO/FL/NO.8)(南ア代表キャップ1)が加入。

https://www.top-league.jp/2005/07/28/id1581/

http://archive.top-league.jp/team/player.jsp?tid=351

https://www.secom.co.jp/sports/rugguts_sp/history/2000.html

http://koichi-murakami.cocolog-nifty.com/loverugby/2005/07/post_c403.html(村上晃一さんのブログ)


スーパー12時代にはブルズ(2001年)~ストーマーズ(2002~2004)

代表戦は 対スコットランド戦(2002年、11月マレーフィールドにて)

http://www.itsrugby.co.uk/players/pierre-uys-1290.html (セコムの在籍は書かれていません


2008年(~2009年)グラント選手より2年早く神戸製鋼コベルコスティーラーズに加入した南アの選手が
ティナス・デルポート選手=Thinus Delport(FB)(南ア代表キャップ18) 

http://www.kobelcosteelers.com/pc_info/20080605_2848/

https://www.youtube.com/watch?v=RChbbyZ4IlY 188㎝、102kgで俊足!!の様子がよくわかる映像
 
http://www.tropical7s.com/media/thinus-delport-joins-coaching-staff

https://uk.linkedin.com/in/thinus-delport-a5354122 現在はラグビーのコーチングや

イギリスのスポーツメディア界で活躍中のようです!

2009ー2010の【】ラグビーマガジン10月号【】付録の【ファンブック】では
自分と同じ誕生日の選手を探してマル印をつけていたときデルポート選手を見つけ
誕生日が近づいたらなにかプレゼントしたい
などと思っていたのにチャンスを逸したことを思い出しました           
*あくまでも日にちが同じだけで生まれ年はまったく異なります、念のため




【】2009年度(~2010年度)
ウエイン・ファンニエルデン選手=Wayne Van Heerden(LO/FL/NO.8) が サントリー・サンゴリアスに加入

 7人制代表として2001~2005年に活躍。

 南アのカリーカップ、スーパーラグビーはチータースを経てサントリーへ、その後帰国し イースタンプロビンスキングスへ。

 2013年引退。
 

https://www.top-league.jp/player/profile/69359/

ウエイン選手の出身地で毎年恒例のラグビーイベントの昨年2019年の様子です↓

https://www.graaffreinetadvertiser.com/Sport/Article/Rugby/easter-rugby-festival-time-is-here-again-201904100413


【】イシュマル・ドリー選手=Isma-Eel Dollie(SO)
 三菱重工相模原ダイナボアーズ  (~2010年度)

https://www.youtube.com/watch?v=zvstsotkyb0  有望株の10番、ストーマーズから日本へ

その後南アへ戻り WP(ウエスタン・プロビンス)のクラブチーム:UNION MILNERTON RFC へ 現在はヘッドコーチ!

http://www.unimilrfc.co.za/ 

https://news.jsports.co.jp/rugby/blog/loverugby/2009/04/u203.html


【】ヘンドリック・メイヤー選手=Hendrik Meyer(CTB/WTB) ナミビア代表キャップ5
 東京ガスに加入 (~2010年度)

http://tgrfc.seesaa.net/article/119541378.html

http://en.espn.co.uk/cook-islands/rugby/player/94883.html  2004年にナミビア代表としてテストマッチ出場

https://www.news24.com/Sport/Meyer-Cheetahs-before-country-20080905 2007年のフランスW杯に出場のチャンスも

あったようですが、所属するフリースステートチーターズの試合に専念すること(スーパー12出場目指して)を理由に断念したようです。

当時の監督は ラシー・エラスムスさんだったのですね!!




どの選手も2シーズンで退部、試合を観られなくてほんとに残念だったなあ・・・




最初に戻って
【】2010年(~2013年度)ピータ~・グラント選手=Peter Grant(SO) 南アフリカ代表キャップ5

2011..9.21 059.jpg

2012年1月22日(日) 太田市運動公園陸上競技場で行われた パナソニックワイルドナイツ 対 神戸製鋼コベルコスティーラーズ 

終了後の1枚  海外出身のトップリーグ選手ということ以外で全員の共通点はなんでしょう?!


南アのストーマーズ所属(だったことがある)、です。

トニー・ブラウンさんがストーマーズだったのは2008年のみで、
ジャック・フーリー選手は2011年からストーマーズ、
日本の群馬の太田で揃った“”嵐♪“”だったのです!!!

https://www.top-league.jp/player/profile/84714/

https://www.kobelcosteelers.com/interview/entry/2013-2014/2013-2014_peter_grant.html

https://www.ultimaterugby.com/news/peter-grant-and-marcel-brache-commit-to-new-western-force-era/603074

https://www.sarugbymag.co.za/head-knocks-force-grant-to-retire/


                    

一年後の2011年、NZでのワールドカップ終了後のビッグネームたちのトップリーグ加入のニュースは
信じがたいほどでした!!!!!

【】ジャック・フーリー選手=Jaque Fourie (CTB)(~2011年度終了まで)
南アフリカ代表72キャップ三洋電機ワイルドナイツ(現パナソニックワイルドナイツ)へ

https://rugby-rp.com/2012/02/25/column/player-to-watch/2804

群馬到着後の翌週11月13日、対コカ・コーラ・レッドスパークス戦で熊谷ラグビー場に来るかもしれない、
ということでドキドキしながら車ででかけました


132151266467913103731_19 (2).jpg

振り向けばフーリー

132151286740713105194_30 (2).jpg

ハーフタイムが終わり再び座席に、一緒にいるのはハミッシュ・パターソン選手! 後方には ジャスティン・アイブス選手らの姿も見えます。

試合後はグランドの開放で、めったに会えないコーラの選手たち、さらにワイルドナイツのスタッフさんに紹介していただき
フーリー選手とちゃんとあいさつできて大変嬉しかったことも忘れられません。

初めて会えたのは2011年のNZでのW杯のナミビア戦の翌日でしたが、、


2011..9.21 042 (2).jpg

あのとき「日本に来る予定は?」と聞こうとしてやめた、と当時のブログに書きましたが、
数か月後にワイルドナイツのジャージ姿で会えるなんて、やっぱり夢のようでした 

トップリーグの初出場は11月20日(日)足利での対ホンダヒート戦
https://www.top-league.jp/schedule/detail/5576/


132205884520113129301_21_20111123233404.jpg

木川選手とともに 振り向いたフーリー選手!

132495854809513112724_33.jpg

https://jandw-rugby.at.webry.info/201112/article_5.html

132495903327613221998_34.jpg

132487401049313108055.jpg

フーリー選手とCTB対決が大注目だったリコーの新加入選手、といえば!
   
132344427902213203340_20.jpg

   オールブラックスの マア‣ノヌー選手

https://blackrams.ricoh/news/members/2011-2012/20120101.html

132344375093813203183_16_20111210001550.jpg 

  イングランド代表ジェームズ・ハスケル選手 

https://blackrams.ricoh/news/members/2011-2012/20111125.html

*この2枚はリコーグラウンドに訪問した際のものです



https://jandw-rugby.at.webry.info/201201/article_3.html 2012年1月、公式戦前の練習を見学に行った時~全国クラブチームの決勝戦~
献血キャンペーン~のブログですが

今は見学もできませんし写真をアップすることはできません・・

↑に写真をアップした1月22日の対神鋼戦は、ロスタイムにヘンドリック・ツイ選手のトライと
田邊選手のキックで29対27と逆転しての勝利!!
https://www.top-league.jp/schedule/detail/5625/

https://jandw-rugby.at.webry.info/201201/article_5.html

ファン仲間や神鋼選手の御母堂と、ハラハラドしながら見続けた試合でした。

MOMは攻守に大活躍のジャック・フーリー選手


この写真は3月13日(土)、ワイルドナイツのグラウンドでワイルドナイツの一員としてのフーリー選手に会えた
最後の日のものです。

133152672368013223498_1_20120312133203 (2).jpg


https://jandw-rugby.at.webry.info/201203/article_3.html

日本選手権セミファイナルの前日練習のときでした。
そして

神戸製鋼コベルコスティーラーズ 2012年度~2016/17年度 

http://archive.top-league.jp/player/profile/2012/profile112794.html

https://www.kobelcosteelers.com/interview/closeup/2017/03/170117-fourie.php

2012-9-15 032.jpg

2012年9月15日、秩父宮での対キヤノン戦、
フーリー選手とグラント選手が共にグラウンドにいるところをどうにか撮れたのはこの1枚だけでした
                

https://rugby-rp.com/2019/01/25/nations/27942

https://www.daen-ginga.co.jp/1135

2012年12月21日(土)前日、北浜の【】ラグビー酒場マーラー【】で 宮地克己さんのトークライブがあり、

2012-12.22 019.jpg

村上晃一さんの進行で、宮地克己さん&林敏之さんの面白トークで大阪の夜は更けました。。。

2012-12.23-1 024.jpg

翌日のホームズスタジアム神戸は神戸製鋼コベルコスティーラーズ対パナソニックワイルドナイツ

http://archive.top-league.jp/game/2012/score6726.html 大接戦でした

フーリー選手はクレイグ・ウイング選手とともにハーフタイムの握手会に参加。
ワイルドナイツからはホラニ龍コリニアシ選手とサム・ノートンナイト選手が参加。
 
2012-12.23-1 018.jpg

覚えていてくれた(ような気がした)ので大変嬉しかったです。


1.jpg



フーリーの華麗なるトライ集映像

https://www.youtube.com/watch?v=koXE4nwwcMs

熱い記事の、もとい、厚い生地のジャージだった時代からの

もちろんチームメートや戦術の成功など本人の力だけではありませんが、観ていてほれぼれするのであります

17.jpg



2019年1月、アメリカ代表チームのコーチになったというニュースに

もしかしたら日本でまた会える?! なんて淡い望みを抱きましたが、、、かなわず・・

その後どうしているかと思ったら、

https://www.news24.com/sport/Rugby/Springboks/ex-bok-star-back-in-sa-after-usa-coaching-stint-20200217

現在は南アに、戻ってスクールやクラブのコーチに!

https://www.news24.com/sport/Rugby/Springboks/ex-bok-star-back-in-sa-after-usa-coaching-stint-20200217

が、↑の神鋼から引退時のインタビュー記事にも答えているように
「いつかは戻ってきてコーチを!」の言葉を信じて待ちたいと思います!!


同じ2011年、2007年W杯優勝メンバー2選手がサントリー・サンゴリアスに加入

132020932432813129895_13 (2).jpg 2011年10月29日(土)秩父宮ラグビー場 
                       NZでのW杯を終え、2週間ほどでの来日 

その前日の様子は http://otomo-rug.jugem.jp/?eid=220                      


 フーリー・デュプレア選手=Fourie・Du Preeze (SH) 南ア代表キャップ73 (~2015年度)

https://www.top-league.jp/player/profile/132492/

http://en.espn.co.uk/southafrica/rugby/player/14529.html

https://www.youtube.com/watch?v=F_jswAbbKGA

https://www.youtube.com/watch?v=M--rwMnT15s Fourie du Preez: Master Tecnisyan

https://www.suntory.co.jp/culture-sports/sungoliath/spirits/1602-471.html 引退時のインタビュー


 ダニー・ロッソー選手=Danie Rossouw(LO) 南ア代表キャップ63(~2012年度)

先日テレビで放送され久しぶりに見た【】2007年W杯決勝【】
両チームともノートライのまま後半に入り、イングランドのクエトー選手があわやトライ(でウイルキンソン選手のCKが決まれば1点差でイングランドに逆転されるところだったのを)の場面でロッソ―選手のトライセービングタックルが成功
その場面も含め 緊迫感あふれるいい試合だったなあ、と思いを新たにしたものでした 


IMG_8602 (2).JPG




https://www.top-league.jp/player/profile/112202/

http://www.espnscrum.com/blogs/rugby/player/14339.html

https://www.youtube.com/watch?v=kJgWjo66lSA

https://www.suntory.co.jp/culture-sports/sungoliath/spirits/1212-310.html サントリー2年目のインタビュー

https://rugby-rp.com/2014/05/07/abroad/top14/9201 2014年、フランスのチーム、トゥーロンを最後に現役引退。

ロッソ―選手、このインタビューでも述べているように、引退後は動物の仕事に携わっているようです

 https://twitter.com/DannaRossouw/status/982497911811575808


二人とも、スーパー14時代のブルズで優勝、南ア国内選手権で優勝、トップリーグのサントリーサンゴリアスで優勝
日本選手権で優勝、W杯で優勝、ロッソ―選手はフランスのトップ14のトゥーロンで優勝 
なんと輝かしいラグビー人生~




132871191757413204898_5_20120208233837.jpg

      2011年12月の フーリー×フーリー  



翌年の2012年度日本選手権決勝2月24日(日)旧国立競技場では

改めてフーリー×フーリー対決
https://www.rugby-japan.jp/news/2013/02/25/2334

そのときのブログ https://jandw-rugby.at.webry.info/201302/article_4.html

デュプレア選手はその後2015年度終了までサントリーで活躍。

引退後の現在は南アの首都プレトリアで投資会社のビジネスマン:https://fledge.co.za/ 





【】2011年加入の南ア生まれ選手がもう一人【】 

アルバータス・モルダー選手(NO.8)(=Albertus Mulder  中部電力(~2013年1

2月)

https://nz.linkedin.com/in/albertus-mulder-b1269359 南ア生まれと書かれていますが、現在NZをベースに

スカウト活動などをされているようです。 200年には 南アのナタール・シャークスに加入、

その後NZのチームを経て日本へ! 英語とアフリカーンス語、に加え日本語も履歴書に書けるほどの腕前のようで、

日本滞在経験がステップアップにつながっているのは嬉しいです


さて、2012年には、

ワイナンド・オリフィエ選手=Wynand Olivier (CTB)が リコー・ブラックラムズに加入(~2012年度)南ア代表37キャップ

8月お盆休みのころ、フーリー・デュプレア、ヴィクター・マットフィールド、オリフィエの3選手が東京渋谷は駅前の
世界的に有名な“”横断歩道“”で記念写真を撮ってツイッターなどにアップしてことが懐かしいです

その後のオッかけ?!は サントリーがホームのクラブハウス改築中の間使用していた“”よみうりランド“”で成就しました

https://jandw-rugby.at.webry.info/201208/article_1.html


しかしオリフィエ選手には日本滞在中、試合で観ることも会うことができなったのは大変残念でしたが・・・


もう一人、同じく2012年に来日したのは、豊田自動織機シャトルズに加入の ライアン・カンコウスキー選手

文字数の関係もあり、写真等は次回に  


          
               



                 




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント